ページの先頭へ

横浜市港北区 日吉駅ビルという
これ以上ない通いやすい立地でお迎えします!

かんたん今すぐネット予約 Powerd by EPARK

日吉ステーションビル歯科

かんたん今すぐネット予約
急な痛みはすぐ診ますので直接お電話ください ご予約ご相談はこちらまで 045-566-2088 10時30分~19時30分(土・祝日は10時~19時)

知って得する歯医者の真実 Vol.2

インプラントをご検討されている方へ

<体への負担が少ないインプラント治療について>

インプラント治療について、体への負担が少ない治療法であるということは、あまり周知されていないようです。例えば、「ブリッジ」や「入れ歯」と比較した場合、インプラントがどのように優れているか、ご存知でしょうか。体への負担が少ないとはつまり、他の歯への影響を最小限に抑えられることを意味しています。

そもそもブリッジという治療法は、歯を抜歯した後、前後の歯を削って被せ物をするものです。橋のようにつなげることから「ブリッジ」と呼ばれています。入れ歯よりも咀嚼力が高いという特徴がありますが、前後の歯を削るため、負担をかけてしまうというデメリットもあります。

一方、入れ歯の場合ですと、咀嚼力が弱くなってしまうのが難点です。入れ歯にした途端、食事が美味しく感じられなくなった方もいらっしゃるようです。しっかり噛めないと、十分に食事を楽しむことは難しいのです。また、バネを利用するので、周囲の歯を動揺させることもあります。

特に咀嚼力については注意が必要です。神奈川歯科大学の研究結果によると、咀嚼力の低下によって、認知症のリスクが約2倍も高まると報告されています。噛めないということが、脳にも影響を与える可能性があるということです。それだけ、私たちにとって噛むことは重大なのです。

では、インプラントはどうでしょうか。治療費のことばかりが注目されていますが、体のことを考えた場合、もっとも負担の少ない治療法であると言えそうです。他の健康的な歯を傷つける必要がなく、負担をかけることもありません。そのため、治療による抜歯が極端に軽減されるのです。

歯が抜けてしまう原因の多くは、虫歯や歯周病などですが、ブリッジなどの措置による抜歯も少なくありません。つまり、歯に負担をかけてしまう治療法によって、結果的に、お口全体の健康も損なう恐れがあるのです。この事実はあまり知られていませんが、歯科医師としては見逃せません。

食事は、人生における大きな楽しみの一つです。また、人間にとって噛むという行為は、健康に大きな影響を与える要因ともなります。インプラント治療の効能を改めて見直すことで、歯の健康について考えてみてください。